枇杷のタルト

昔、庭にびわの木があったので、びわは子供の頃から身近な果物でした。
今年は生り年らしく、島のあちこちでたわわに実っているのを見かけます。

瑞々しく独特の味わいですが、お菓子にすると存在感を失いがちです。
このタルトは、びわのタルトと言いつつ、びわは脇役で、流し込んだ印象的なアパレイユを引き立てる役割をしています。
タルトとアパレイユとびわが程よく馴染むように、いつもとは違う焼き方をして、仕上げに、びわの実と種のシロップをかけています。

そんなわけで、見た目ほどびわの主張はないタルトですが、昭和レトロな野暮ったさも含めて気に入っています。
d0261280_18594940.jpg


















.
[PR]
by seoseoseoinage | 2017-06-16 20:55 | 今週のおすすめと日々のこと